クリスマスが終わると、フランスのケーキ屋さん・パン屋さんでは「ガレット・デ・ロワ(Galette des rois)」が並びます。

フランス料理教室 Atelier Belle Table ~気軽に楽しくお料理&テーブルコーディネート~-ガレット・デ・ロワ

丸いパイの中にアーモンドクリームが入っていて1人用から4人用、6人用・・・とサイズもたくさん。

ガレット・デ・ロワ

こちらは南仏版ガレット・デ・ロワ。
ブリオッシュ生地にドライフルーツがのっているのが特徴です。

フランス料理教室 Atelier Belle Table ~気軽に楽しくお料理&テーブルコーディネート~-ガレット・デ・ロワ

ガレット・デ・ロワは1月いっぱいお店で見かけますが、通常は1月6日のエピファニー(公現節)と呼ばれる日に頂きます。
中にはフェーヴと呼ばれる小さな陶器の飾りが入っていて、切り分けたケーキの中に入っていた人が当たり!
その日一日は王様という事で王冠をかぶせてもらえ、一年間その幸運が続くと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です