昨日は重陽の節句でした。

 

 

中国の陰陽思想において奇数は縁起のよい陽の数とされ、一番大きな陽の数である九が重なる9月9日を「重陽」と呼び、大変めでたい日とされていたそうです。
また旧暦では菊が咲く季節であることから、菊の節句とも呼ばれています。

 

 

先月開催した重陽の節句レッスンの動画を見た小3の娘。
今まで馴染みのなかった重陽の節句に興味を持ったようなので、今年は子どもに合うよう、明るい雰囲気のコーディネートにしました。

 

 

良さそうな菊が売っていなかったので、食用菊を飾っちゃいました^^

 


 ここからは夜の撮影なので、写真が変な色です。。

 

 

日本酒に菊の花びらを浮かべた菊酒で乾杯~。
菊酒も重陽の節句の慣わしの1つで、菊の芳香な気高さが邪気を払い、不老長寿を保つと言われています。

 

柿とほうれん草の白和え
丸なすの田楽
里芋饅頭 菊あんかけ

 

菊の天ぷら
鮭の西京焼き 菊花かぶら添え
栗ごはん

 

 

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です