2022年元旦のお節とテーブルコーディネートです。

 

 

レッスンの時のテーブルコーディネートと違って、家族での食卓のコーディネートは前もって考えることはほぼなく、その場でなんとなく思いついたままパパっと並べています。

 

 

おせちは銘々に盛り付けることが多いのですが、たいてい白いディナー皿か銘々重だったので、今年は黒の長角トレーを使ってみました。

 

 

今年のテーブルの主役は写真の食積(くいつみ)と呼ばれるもの。
江戸時代、めでたい食べ物などを床の間に飾り、年始の挨拶に訪れた客に振る舞ったり、家族でも食べていました。
これを食積(蓬莱飾り)といいます。

歳時記研究会の「お正月・人日の節句レッスン」の中で水谷美枝子先生が教えてくれた方法で娘(小3)が作りました♪
1か月前にレッスンの録画を見た時からずっと作りたくてウズウズしていた娘。
周りに飾るものも自分でスーパーで選び、作る前は動画を再度見ながら真似っこ。
途中からお兄ちゃんも加わって、たくさんつまみ食いしながら完成しました(笑)

 

 

おせちは毎年ほぼ同じものです。
面倒くさくて苦手なかまぼこの飾り切りはお兄ちゃんにお任せ~。

 

 

 

おせち料理を並べる時が一番ワクワクします♪

 

 

☆メープルナッツ田作り ☆黒豆 ☆伊達巻き ☆りんご羹 ☆栗きんとん
☆干し柿柚子巻き ☆かまぼこ ☆昆布巻き ☆酢だこ ☆松風
☆鴨ロース ☆金柑甘露煮 ☆鯛昆布締め ☆牡蠣のオイル漬け ☆かずのこ
☆柚子風味の三色なます

 

 

☆えびのつや煮
☆高野豆腐の含め煮 ☆たけのこ揚げ煮 ☆里芋の白煮 ☆にんじんの梅煮
☆こんにゃくのピリ辛煮 ☆矢羽絹さや ☆銀杏

 

 

☆お雑煮 ☆花びら餅 ☆いちご

 

 

今年も家族皆が健康でいられますように。。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です